グルメ アメリカで「"ヒドイ画質と翻訳"のほうが大人気」 - 戦ヴァルブログ
セガ公認!戦場のヴァルキュリア応援ブログ ゲームや漫画など趣味の日記も書いています 
RSS
スポンサードリンク










-------- (--:--)

スポンサーサイト



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-01-22 (21:54)

アメリカで「"ヒドイ画質と翻訳"のほうが大人気」




日本でも顕著になりつつあることだが、
「カネを出すから良質なもの」を求める層と
「安く(あるいはタダで)見られるのならば質は問わない」という層が存在し、
後者は徐々に拡大しつつある。その象徴ともいうべきものが、
「クランチロール(Crunchyroll)」や
「フールー(HULU)」に代表されるストリーミングサービス
(いわば、著作権処理をクリアした合法的なファンサブ)の拡大だ。
こうしたストリーミングサービスでは、日本で放映されたテレビアニメが、
ほぼ時間差なく配信されるようになっている。
もちろん、画質は荒いし、何よりも翻訳の質は最悪だ。
だが、翻訳の質よりも、"早く見ることができる"ほうがニーズがあるのが現状。
そして、ソフト化の際にも翻訳を改善することなどせず、そのまま流用している。
それでも多くのユーザーのニーズを満たすことができているのだ。
結果、まず干上がりかけているのはアニメの翻訳家たちだ。

「アメリカでも一流といわれる知人のアニメ翻訳のプロが、
最近は翻訳よりもソフト化の際の字幕つけの仕事のほうが
多くなってしまったと嘆いています。翻訳家が他人の、
それも質の悪い翻訳の字幕をつけるなんて屈辱的ですが、
それしか仕事がなくなっているんです」
 ストリーミングサービスの利点は配信が早いことに次いで、
多くのサービスが無料で利用できることにある。
多くのサービスでは有料会員に登録すれば高画質の動画を視聴できるが、
"質"よりも"無料"であることが重きを置かれている印象を受ける。
アニメがアメリカでブレークした2000年以降、
多くのユーザーが質の悪い翻訳と画質を
受容してしまっている現状はいかがなものだろうか。


全文
「"ヒドイ画質と翻訳"のほうが大人気」アメリカの日本アニメ市場に何が起きているのか?
http://www.cyzo.com/2012/01/post_9647.html



 j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;  
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  2クールまでのアニメならBD1枚で済む
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  そんなふうに考えていた時期が
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f    俺にもありました
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!










コメント:

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバック URL

http://senval2.blog13.fc2.com/tb.php/1803-12d9145b


プロフィール

xルケx

Author:xルケx
ニコニコ動画が一般向けに
ブロマガを開放したので
登録してみました 
タイトルはマンガ紀行 
こちらもよろしくお願いします

URL:http://ch.nicovideo.jp/luque

このブログはYAHOO!カテゴリに
登録されています!

戦場のヴァルキュリアを
応援しています!

もし良かったら使っている
ブックマークに登録して下さい



リンクフリー 相互リンクサイト募集中
[相互リンク規約]を参照して下さい!

ゲーム
フィギュア
【リンクサイト】
FC2検索
【アクセスカウンタ】

Appendix


検索フォーム

Twitter
カテゴリ
戦ヴァル関連
アニメ
ブログランキング参加中
  • クリックして頂くと励みになります

にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
BBS7.COM
MENURNDNEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。